風俗嬢にモテたい!

期間限定、無料レポート配布中!

 

風俗におけるチェンジ

風俗において問題になるのが、そのギャンブル的な要素でしょうか。

 

どういうことかというと、特に写真による指名などをしなかった場合、店としては、スケジュール的に空いている嬢を客に付けます。
つまり、どの子をつけるかは店側が決めるのです。その子が、客の要望にぴったり当てはまっていればいいのですが、なかなかそうもいかないのが現実です。
ですから、客側としては、派遣されてきた女の子を見て、自分の好みとは違う、と判断することもあるわけです。
これは当然の話ですね。こうした事態を想定して、この業界では「チェンジ」が可能であるというふうになっています。
ただしどの店も、2回まで、というように回数を限定していますが。

 

このチェンジという行為、客にとってはかなりありがたい制度です。
ただし、チェンジしたからと言って、前の女の子よりもいい女の子が来るという保証はどこにもありません。依然としてギャンブルは続いているわけです。

 

ですが、特に横浜デリヘルの魅力は、このどんな子がくるんだろう、というドキドキ感にありますから、チェンジを行使することによって、ドキドキ感を再び味わうことが出来るのです。これは、大きな楽しみであると言えるでしょう。

 

しかし、チェンジにも様々な弊害があり、特に風俗嬢の心象を害する、という問題があります。客にしてみればもう会うことがないのでどうでもいいのかもしれませんが、嬢は自分に価値がないと思い込んでしまいます。

風俗嬢を傷つけずにチェンジするには

新宿 デリヘルにはチェンジの制度があることは前にお話ししましたが、これを店舗型の風俗に目を転じてみるとどうでしょうか。
ヘルスやピンサロなどでは基本的にはチェンジという制度は存在していません。

 

基本的に顔が写っている写真で指名ができる風俗店では、チェンジを認めていないというのが現実です。
いくらパネマジがひどかろうが、来た風俗嬢とはプレイせざるをえないわけです。

 

これに対して、顔が写っている写真を見ることができない新宿のデリヘルでは、女の子紹介の文言によってしか選ぶことはできません。
なぜなら、情報サイトなどに載っているデリヘルの女の子は、大概顔を隠しているからです。
全世界中にデリヘルとしての自分の顔を晒したい、と思う嬢は少ないでしょう。

 

ともあれ、デリヘルにおいてチェンジは必須事項ですが、しかしチェンジを行使する場合でも、できれば嬢をなるべく傷つけないようにしたいところです。

 

まず、風俗嬢を傷つけないためには、チェンジする意志を小出しにせず、はっきりと表明することが大切です。
さらに、チェンジの理由も、ネガティブなものではなく、「前の彼女に似ていた」とか「今回はロングヘアーの子が希望だったんだ」などと、嬢本人に責任のいかない理由をでっち上げる必要があります。
このことで、嬢は自分が否定されたのではない、という思いを持ちます。繰り返しになりますが、くれぐれも相手の容姿を否定しないように気をつけるようにして下さい。また、帰り際に謝罪するのも忘れずに!